デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進がもたらすメリット

企業はDXを推進して2025年の崖とレガシーシステムのリスクという大きな課題に対応しなければなりません。

 

ここまではDX推進をネガティブな問題を解決するための手段としてご紹介してきましたが、DX推進はあらゆるメリットを企業・ビジネスにもたらします。

 

ここからは具体的なメリットについてご紹介します。

 

  • 新しい価値を生み出す

 

DXの目的は企業・ビジネスが競争上の優位性を確立することです。

 

つまりIT技術を活用することで他の企業にはない新しい価値を生み出せることがDX推進の大きなメリットのひとつです。

 

例えばシステム内のデータを社内横断で共有できるようになると、事業部門ごとでは掘り起こすことができていなかった価値を発掘し、新たな製品・サービスやビジネスモデルの開発につなげることが可能になります。

 

すでに、営業データをクラウド化、ビッグデータとして他部門と共有して活用し、分析によって得られた数値を営業戦略の指標とする動きは大企業を中心に活発になってきています。

 

また、AIを活用したビッグデータ構築も盛んになっており、自社製品と顧客のやり取りを解析して新たな顧客ニーズに対応するためなどに役立てられています。

 

  • 生産性の向上につながる

 

DXがもたらすデジタル改革は、企業の「労働生産性」と「資本生産性」の双方を向上させます。

 

DXの本質はあくまでも新しい価値を生み出して顧客とエンゲージすることですが、IT技術の活用によって生産性の向上や業務効率改善というメリットを得ることもできるのです。

 

働き方改革が求められている昨今は、どうしても労働生産性の改善を先に急ぎかちになっています。

 

しかし、生産性を向上させるには資本生産性を向上させる取り組みに着手する方が重要です。

 

DXのデジタル変革によって経営改革を起こせば資本生産性の向上につながります。

 

そして、IT化によって導入されたAIOCR、そしてRPAなどによって業務効率が改善され、労働生産性の向上にもつながるのです。

 

労働生産性の向上の中でもクラウドを使った営業支援システムやRPAなどは導入の障害が少なく、成果が出るのも比較的早いことから現場レベルで導入が進んでいます。