デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?

デジタルトランスフォーメーション(DXとは、2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、「進化するIT社会にデジタル技術を浸透させることで、人々のくらしをより豊かなものへと変換していくこと」を意味します。

日本では、2018年に経済産業省により研究会が発足され、その名が広く知れるようになりました。

 

  • 多くの企業が取り組みを始めている

 

例えばAmazon.comのように、インターネット上でプラットフォームの構築を実現し、選んだ商品をどこからでもいつでも注文できるようにした新たな買い物スタイルの台頭により、店舗販売を中心としてきた小売業界は大打撃を受けました。

DXの浸透なしには、日本全体の経済が立ち行かなくなるという段階に入ったのです。

 

株式会社デジタル通信の2019年の調査によると、日本の企業の7割がデジタルトランスフォーメーションに着手していることが分かっています。

DXの意識が高まった背景には、前述した経済産業省による研究会の発足があります。

研究会は、DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~(以下、DXレポート)」なる報告書を作成しました。

 

報告書では、企業の多くが既存のシステムの老朽化や、引継ぎがなされずプログラムが複雑化したブラックボックス化といった問題を抱えていると指摘しています。

 

このような問題は、刻々と変わるデジタル化の波や新たな事業への対応力の欠如、コストの上昇を招き、2025年以降は毎年最大で12兆円の損失を日本経済に与えると予想されています。

この問題を「2025年の崖」と呼び、「DXレポート」では問題提起ばかりでなく、DX化へのアプローチの仕方や行動指針をまとめた構成案をも示しています。

このような働きかけが、日本企業の7割のデジタルトランスフォーメーションへの着手を促したのです。