RPAに注目が集まる理由とは?

RPAに注目が集まっているのには、少子高齢化による生産年齢人口の確保以外にもいくつかの理由が考えられます。

 

具体的には次のとおりです。

 

  • ホワイトカラーの業務効率化

 

これまで業務の自動化というと、工場や生産現場などいわゆるブルーカラーの業務で工業用ロボットを導入し自動化するものでした。

 

これに対しRPAでは経理・営業・総務など、ホワイトカラーの社員が日々行なっているルーティンワークを自動化します。

その結果、ホワイトカラーの業務効率化が実現。空いた時間をコア業務に向けられるため、生産性向上にも期待が持たれています。

 

  • 部署間を跨ぐ業務の効率化

 

ホワイトカラーの業務効率化を実現するツール、システムは今までにも多く存在しました。

ただ、そのほとんどは独立したもののため連携がとれず、部署内だけで完結しない業務では、かえって非効率になってしまうケースが少なくありません。

 

しかし、種類にもよるもののRPAの多くはさまざまなシステム、ツールと連携が可能なため、部署をまたいだ業務であっても問題なくスムーズに行えるようになります。

 

  • ノンプログラミングによる自動化

 

日本の多くの企業では、社内にプログラマーを置かず、システム導入や改修の際にはSlerやベンダー企業へ依頼するのが一般的です。

これは普段、開発業務を行わない多くの企業にとって最も効率的ではありますが、いざシステムの刷新・改修といった際には、多額のコストが必要になります。

 

RPAは業務内容にもよりますが、多くの業務はプログラミングの知識をそれほど必要としません。

そのため、導入の敷居が低いこともRPAが注目を集める理由の一つとなっています。