業務効率化とは?

業務効率とは、業務の中に潜む「ムリ・ムダ・ムラ」をなくしていき、時間と経済的なコストを削減していく試みです。

業務を効率化することで生産性を向上させていくことができます。

 

業務を効率化するにはさまざまな方法があり、業務の外製化やシステムの導入、業務プロセスの見直しなどが主な方法として挙げられます。

 

業務効率化を進める目的

 

業務効率化を進める際、その結果としてどのようなことを達成したいのか、目的意識を持って取り込むことが大切です。

一般的には、企業の売上を伸ばしつつ、従業員が働きやすい環境を整えることが業務効率化の目的になります。

 

今まで特に疑問を持つこともなくこなしていた業務も、見直してみると意外と無駄があるかもしれません。

無駄を排して余計なことに煩わされることなく業務に集中できる環境を整備すること、それによって残業時間を減らすことを目的とすれば、従業員も効率化の結果が分かりやすくなるでしょう。

 

製造現場において徹底的にムリ・ムダ・ムラを排した生産システムを構築しているトヨタ自動車は、絶えずPDCAサイクルを回して生産効率を高めているといいます。

 

業務の分野でもマンパワーに見合ったスケジュールの最適化、集中を妨げる余分な業務の排除といったムリ・ムダ・ムラの排除を効率化の目的とすれば結果が実感しやすくなるでしょう。