中小企業のRPA導入で重視すべきポイントとは?

ここでは、中小企業のRPA導入で重視すべきポイントを3つ紹介します。

 

1.業務の整理が重要

 

RPAの導入が成功するかどうかは、業務フローの可視化に懸かっています。

業務フローの可視化には業務の棚卸しと整理が必要で、非常に工数の掛かる作業です。しかし、業務フローの可視化をせずにRPAを導入してしまうと、費用対効果が得られない、効果的に活用できないといった課題に直面してしまいます。

自社に最適なRPAを導入するためにも業務フローを明確化し、さらにはどれくらいの頻度でどの程度の負担が発生しているのか、細かく整理しておきましょう。

また、担当者によってプロセスが異なっている場合は、統一するようにしましょう。

異なるプロセスを踏んでいると、自動化する際にどのプロセスが最も効率が良いか判断に迷ってしまうためです。

担当者間で業務フローについて話し合う機会を設け、客観的にプロセスの合理性を判断するようにしましょう。

 

2.試験的に小規模で導入

 

RPAを導入する際は、まずは試験的に小さな規模で導入しましょう。

全社で同時に展開するのではなく、1つの部署、1つのチームといった小さなユニットからRPAをテスト導入するのがポイントです。

小規模で導入すれば、RPAを稼働する範囲やRPAを導入する目的、解決すべき課題といったポイントが明確になり、PDCAサイクルを回しやすくなります。

そして、スモールスタートで導入することは、チームや部署における成功事例をもとに、他のチームや部署の業務内容に応じた展開や最適化がしやすいというメリットをもたらします。

 

無料トライアルができるRPAであれば、本格的に導入する前に導入・運用時のイメージが掴むことができます。

実際に現場で使用してみることで、従業員が自分たちで運用していけるかどうか判断することができるので、無料トライアル期間があるRPAは積極的にその制度を活用するようにしましょう。

 

3.サポート体制の充実したベンダーを選ぶ

 

人間なら臨機応変な対応ができますが、RPAは事前に決められた処理しかできません。

したがって、予期しない処理が発生した場合は、誤動作を繰り返すか停止してしまいます。

その際、RPAへの指示を変更するのは人が行うのですが、社内の担当者だけでは解決するのが難しいケースもあるでしょう。

そこで重要となるのがベンダーのサポート体制です。質問に対して迅速に回答してくれることはもちろん、社内にRPA運用に関する十分なスキルがない場合は、研修や業務の自動化を支援するサポートがあるかどうかも確認しておきましょう。