RPAとAIとの違い

RPAは、「Robotic Process Automation」の略語で、事務の一連作業を自動化できるソフトウェアロボットのことです。

 

一口に「事務作業」といっても、オフィスでは日々さまざまな作業が行われています。

 

例えば、メールに添付されてきた商品データをまとめたExcelファイルの内容を、基幹システムの商品登録マスタにコピー&ペーストして転記する作業や、FAXで届いた発注書の内容を手入力で電子データ交換システムに入力する作業などがあげられます。

 

これらの定型的で反復性の高い業務は、RPAを活用すること飛躍的に効率化することができます。

 

  • AIとの違い

 

多くの場合、RPAAIは同じようなものとして認識されがちですが、実際にはさまざまな違いがあります。

 

AIとは、「Artificial Intelligence」の略語で、人工知能のことを指します。

 

一般的には、機械に人間と同じような知能を持たせたソフトウェアのことで、ビッグデータという膨大なデータベースをもとに、コンピュータが自ら判断する仕組みです。

 

AIは人間の頭脳のように、何かを判断することが主な役割であるため、単体で活用されることは少ないのです。

 

そのため、他のソフトウェアに組み込まれて役割を果たすソフトウェアとなっています。

 

一方RPAは、ルール通りに動き業務を自動化するシステムそのものを指します。

 

業務における判断基準やルールは利用する人間が定め、RPAが自ら判断して動くことはありません。

 

業務内容を覚え、それを自動的に繰り返すことがRPAの基本的な仕組みで、決められた一定のルーティンワークに適しています。

 

  • 各種ツールとの違い

 

最初に、ExcelマクロとRPAの違いについて解説します。

 

両者の違いは、自動化で処理できる範囲の違いです。

 

どちらも1つの作業工程を記憶して自動化する点は同じですが、Excelマクロは基本的にはExcel内での作業しか自動化できません。

 

一方、RPAの場合は複数のアプリケーションを自動化することができます。

 

操作を記録して定義できるため、多様なアプリケーションを連携させて、広範囲のアプリケーション操作を複合的に自動化することが可能です。

 

次にbotRPAの違いについてです。

 

大きな違いとしては活用場面が全く違うということです。

 

botとは人の会話や行動をシミュレーションするツールとして活用されます。

 

botはRPAと重複する部分もありますが、活用場面が限定されやすく、人とコミュニケーションを取ることに特化しています。

 

一方、RPAはデスク上の事務作業専門のツールとなっており、人とコミュニケーションを取る業務には向いていません。