なぜデジタルトランスフォーメーション(DX)が推進されるのか

ITシステムの老朽化や保守・運用コストの増大など・・・既存システムに課題を持つ企業は少なくありません。

主に3つの背景からDXが推進されるようになりました。

●レガシーシステム(最新の技術や製品を用いた情報システムと対比して、相対的に時代遅れとなった古いシステムのこと。)の延長では企業の成長に限界がある

長年、使い慣れていたとしても、オンプレミス(企業でサーバーやデータベースなどの情報システムを自社内の設備で運用すること。)のシステムには大きなコストがかかります。

運用・保守などのメンテナンスや機能拡張には更なるコストが必要となります。

一方で、デジタル技術やクラウドシステムなど、IT環境を取り巻く変化は急速に進み、コストを抑えたシステム構築も可能になりました。

そのため、ランニングコスト、情報環境の面から従来のシステムに変革を起こさなければ、企業の成長は難しいと考えられます。

●消費者の消費活動が変化している

消費者の行動は「モノ」から「コト」へ、「所有」から「共有」へとシフトしています。

提供するサービスをシフトするには、自社のビジネスモデルも変える必要が生じるケースがあります。その際にはシステムの修正も欠かせません。

●デジタル化による変革に対し、DXは有効な対抗手段である

多くの業界でデジタル化による変革が起きています。

アナログ的なサービスがデジタル技術で破壊、再構築されることを「デジタルディスラプション」と言います。

その点、DXにはデジタルディスラプションが含まれているといって良いでしょう。

一旦ビジネスが再構築された環境で競争するには、既存ビジネスを破壊し変革するDXが非常に有効な手段です。

このように、企業は既存のビジネスから脱却し、新しいデジタル技術を活用することで、新たな価値を生み出すことを求められているのです。