結局どのRPAがいいのか?比較検討ポイント ーRPAを比較検討する際のポイントー

RPAを導入する際のポイントについて考えてみましょう。

一体、どういった点に留意して比較検討するべきなのでしょうか。

ステップごとに見ていきましょう。

●目的・用途に合わせる

まず大前提となるのが、導入目的や用途にあわせて選定することです。

そのため、RPAを導入する目的と用途を事前に明確にしておくことで、選ぶRPAをある程度絞りこむことができます。

また、インターネット上で作業を行うのであればクラウド型、社内のみで完結する作業であれば予算や業務の規模に応じてデスクトップ型、サーバー型、開発型から選ぶといいでしょう。

導入しても使わない、割高なコストを払うといった問題を防ぐこともできるため、初期段階での比較検討は慎重に行うことが大事です。

●定着しやすい

使い方を把握できないなどの理由から、社内にRPAが定着しないことは頻繁に起こりうる問題です。

経営層や一部の社員によってRPAの導入を決定しても、現場で活用されなければ導入コストが無駄になってしまいます。

初めてRPAを導入する場合は、IT関連の知識がなくても使いこなせるか、自社の業務内容に見合った機能を備えているかなど、現場社員の運用面を考慮して比較検討することをおすすめします。

また、適切な製品を導入できなかった場合、最適化されずに放置される「野良ロボット」が増えてしまう可能性もあります。

「野良ロボット」を放置すると、作業を中途半端に積み残したり、正しいデータを誤ったデータに置き換えたり、トラブルの原因になります。結果として業務効率の低下にもつながるため、RPAを導入する際には慎重に検討を進める必要があるのです。

「野良ロボット」の増加を避けるには、RPAの導入研修会やメーカーサポートといった対策を取ることが効果的でしょう。

●独自開発しやすい

自社内でRPAのパターン作成やアップデートを実施できる体制を整えておくことは、スムーズに導入および運用を進めるうえで大事なポイントです。

小規模な仕様変更やエラー対応を自社内で解決できるか否かで、システムの運用にかかる手間やコストは大幅に変わってきます。

ごく一部の社員やRPAベンダーなどに開発作業を一任していると、現場の社員が上手く使いこなせない、修正やアップデートに毎回担当者を呼ぶ必要があるなど、RPAを導入したことでかえって業務効率が下がる事態になりやすいです。

新規開発、メンテナンスの行いやすさはRPAの定着率に大きく関わってくるため、自社の業種や人材に見合ったソフトウェアを導入することが大事です。

●少額から導入できる

新しくRPAを導入する場合、初期費用が安価、もしくは無料なものを選ぶことがおすすめします。

オンライン業務を自動化するのであればクラウド型、社内業務を自動化するのであれば導入規模に応じて最適なタイプを選ぶことが初期費用を抑えるポイントです。

初期費用無料、無料トライアル可能など、初めて導入される企業でも安心できる部分もありますが、導入後のサポート費用額についても把握しておきましょう。

カスタマーサポートに月額費用が必要であるか、無償サポートを実施しているかなど、改めて確認しましょう。

●アップデート頻度

機能の更新や改良を高い頻度で行うRPAベンダーであるほど、サービスの利用状況やユーザーからの要望に則したアップデートを実施してくれる可能性も高いです。

アップデートによって直感的に扱いやすくなったり、業務の自動化をより効率的に行えるようになったりするなどの効果が見込めます。

更新頻度が低い製品はバグへの対応も遅れたり、導入しても業務効率が上がらなかったりする問題が発生する可能性があるため、なるべく導入を避ける必要があります。

製品の更新頻度に関してはベンダーのホームページやネットニュースなどから確認することができます。

導入後の運用効率に関わってくるポイントなので、RPAのアップデート頻度はこまめに確認することをおすすめします。

製品によってはアップデートが有料の製品もありますので、導入時の確認が必要です。

●アプリ連携できる

チャットツールやAIシステムとRPAを連携することで、それぞれを単体で用いるよりも効率的に業務を行えるようになります。

RPAと連携できるアプリを正しく把握しておくと、導入する製品の選択肢が広がります。製品によっては会社独自のアプリでもRPAと連携できるものもあるので、自社アプリの活用状況に応じて最適な製品を選ぶことをおすすめします。