結局どのRPAがいいのか?比較検討ポイント

近年、急速に需要が高まっている「RPA」。

皆さんも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

RPA(Robotic Process Automation)とは、さまざまな事務作業を自動化させることのできる「ソフトウェアロボット」です。

人力よりも圧倒的に処理速度が早く、単純作業に強いという特徴を持っています。

具体的には、オフィスの業務で恒常的に発生するExcelファイルの転記業務や発注書の

入力業務、またレポートの作成業務といった、作業ベースの仕事を自動化して効率化を

図ることができます。

一方でアクシデントに弱く、応用的な判断ができないという側面もRPAにはあります。

昨今懸念されている人材不足や、働き方改革の改善策として、RPAを駆使して自社業務を効率化させたいと考えている企業が増えています。

とはいえ、そもそもRPAの内容や種別、選び方のポイントなどについて理解している方は少ないのではないでしょうか。

本記事では、さまざまな種類のRPAの中からどのように選択すれば最適なものが選べるのか、ポイントをおさえて基本的なことから詳しくご紹介します。

煩雑な業務や単純作業に悩んでいる方は、ぜひご一読ください。