2025年はターニングポイントの年

私は、中小企業にとって2025年がターニングポイントだと確信しています。

事業承継問題も2025年までに357万社中127万社(約1/3)が後継者不在で廃業の危機を迎えていると言われていましたが、コロナウイルスの影響で、廃業や破産は一気に拡大することも予測されます。

DX問題も2025年に危機が訪れるとのこと。

残り約5年で生き残れるかどうかの山場を迎えます。

私が推奨しているRPA「ロボパット」は、名称を「ロボパットDX」へ変更しました。

事業承継を考えておられる企業の方へのお願いは、後継者かそれに準ずる方は、DXに精通していただきたいということです。

また、SEの採用やシステムに詳しい人の育成は今後の業績を左右しますので、検討してください。